ブランドストーリー

長年パリに暮らす日本人、石坂紀子と佐々木ひろみが2015年に設立。

二人が仕事やヴァカンスで訪れた、さまざまな旅先で出会ったものにインスパイアされ、デザインしたバックを中心とするコレクション。

手作りならではの温かみ、人の手が入っているからこその不自然さ、大量生産でないからこそ実現できる素朴なモノの持つ魅力を大切にしている。一点一点が微妙に違ったり、色がまだらだったり、その「もの」だけのストーリーがあります。

コンセプト

人と人の出会いが生み出した物たち、そんな温かみのある商品を目指した「ものづくり」。

クラフトマンシップを大切に、その土地に培っていた伝統工芸と職人技をこよなく愛する二人が、バカンス先で見つけたものに「フレンチスタイル」を取り入れモダンにして、バカンス先でも街中でも自由に楽しめる商品を展開します。

日本人ならではの品質コントロールを徹底、ありきたりの雑貨とは違うハイクオリティーな長く使っていただける商品を提案します。

企業理念

私たちは人と人のつながり、人権に特に注意を払っています。なぜなら、私たちの会社は社会に貢献することにより、より良い形での共存を実現することができると信じているからです。

アトリエの職人たちの労働環境は私たちにとって大きな関心の一つです。定期的に現地を訪問してコミュニケーションをとることにより、職人たちや生産地域との共存を図っています。

私たちのマダガスカルのアトリエはクオリティーの高い製品を生み出すだけでなく、地域への雇用を通して女性の自立支援などの社会的影響を与えています。マダガスカルでの私たちのアトリエのうち2つは職業訓練のためのスキルアップの講習を通し技術指導をしています。またそのうちの一つのアトリエでは母子が滞在して仕事ができるシェルターを運営しています。

また会社では、文盲のストリートチルドレンに義務教育と同等レベルの学習を提供するマダガスカルのASAMAスクールをサポートしています。